プロフィール

ブルーベリー&ミニトマト

Author:ブルーベリー&ミニトマト
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

母の事

母が、昨年私の誕生日に、胸膜炎で入院して、2,3週間から1か月の入院と言われて
年末には、抗生剤が効いて炎症反応の値も下がって、お正月は時期が悪いので
年明けまで点滴して、それから考えましょうと先生に言われて、私はいよいよ退院の
話があると思っていましたが、9日昼過ぎに私がお見舞いに行って、明日からまた
毎日来るねって笑顔で手を振って別れた母が、帰った直後にトイレに行きたいと
行って起きようとして起き上がれず、意識不明になって、もう一度意識が戻ったけれど
すぐに血圧低下して旅立ってしまいました。家に着いてすぐに看護婦さんから
来るように言われて、タクシーで向かったけれど、間に合いませんでした。
他の患者さんのように、苦しがることもなく、一人なんで入院してるのって思うくらい
元気だったので、その日に実家に連れて帰って翌日お通夜をして、11日に
告別式をしましたが、未だに信じられない位で、私は、夢の中にいるようです。
自分の事より、人の事を大事にして、優しくてなんでも受け入れてくれた母
年末に母の兄弟、お正月には私の家族はもちろんの事、妹家族も皆が来て
母が大事にしたほとんどの人の顔を見て、満足したんでしょうか?
私は後10年位元気にいてくれそうと思って、毎日でもホームに通うつもりだったので
今は心も体も悲しいのか辛いのかわけもわからない位です。
でも娘や他の皆が自分の足でぎりぎりトイレに行けて、軽い認知症があったけど
皆の事ちゃんとわかって、私に迷惑かけたくないと言ってたようなので、
苦しまずに、私と笑顔でバイバイできて母は、幸せだと。
リックとけいたの事で私が泣くと、そんなに泣いてたら体に悪いよ。
笑わないとって慰めて、心配してくれた母。
ヘルパーさんも看護婦さんも皆さん、口をそろえて母の笑顔は癒しでしたと言って
下さって、私もそんな母の笑顔を見るのは癒しで行くのが、楽しみでした。
しばらくいろいろ葬儀後の手続きが沢山あるし、ブログをお休みします。
コメント返しできないので、閉じておきますね。

お空では、父とリックとけいたが、母を待ってたので、すぐに再会して笑顔でいると思います。
母が私の体を一番心配してたので、できるだけ笑顔になれるように努力しますね。
スポンサーサイト

トラックバック

http://rickkeita.blog58.fc2.com/tb.php/524-0acfc57d

 | ホーム |  page top